2010年04月09日

いき血を吸われるアメリカ国民。


CS朝日ニュースターで過去に放送された、米独立系メディア「DemocracyNow」の注目番組が、日本語字幕付きでネットから視聴できますので是非ご覧ください。

米国政府の金融対策が、いかに出鱈目かが良く分かります。

ポールソン元財務省長官はリーマン・ショックの際に大手金融機関のCEOを集め、「2000億ドル(当時レートで2兆円)でも3000億ドルでもいくらでもいいから好きに使え」と言い放ったと言っています。

しかも何に使ったかは報告しなくても良いということだったので、当時7000億ドル(70兆円)といわれてた公的資金が一体何に使われたかはいまだに不明だ,と米議会予算局の女性スタッフが証言しています。

アメリカ国民もユダヤ金融資本に良いように貪られています。


☆参考情報
「金融救済措置から1年 注がれた7000億ドルはどこへ?」
http://democracynow.jp/submov/20090910-3flv


posted by コスモ at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。