2011年03月16日

人工地震。



RKブログより転載いたしますが、当ブログ「福島第一原発はなぜ狙われたのか。」
http://cosmo-world.seesaa.net/article/194452018.html

「朝日新聞」
http://cosmo-world.seesaa.net/article/192986760.html?1303580217
も合わせてお読みください。

以下転載

金融ユダヤ人の人工地震
一連の奇怪な地震ですが、もはや、まともな知性の持ち主は、「これは人工地震でしかありえない」という結論に到達しつつあるようです。特に3月15日23時の静岡の直下型地震がこの疑惑に拍車をかけたようです。

いくらなんでもこんなに短い間に大地震が広域で場所を移動しながら連続するわけがないのです。

一連の地震の震源の深さを調べてみたところ、浅いところが殆どです。こんなに浅いところで広範囲に渡って地震が連発することがあるのか極めて不自然です。「10km」、「ごく浅い」が非常に多く、東海、四国を除く北海道から沖縄まで発生しています。専門家に自然現象としてこうなる確率を聞きたいものです。
参考にしました。

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/index.html?c=100
日本独立2011/03/15 18:42

さて、多くの奇怪な地震の中で注目すべきは、3月15日早朝の「東京湾を震源とする」震度3の地震です。実は、それ以前にもまったく同じ緯度経度で二回比較的小さな地震が起きているのです。その場所が海ほたるに符合するとする分析もあります。

これはどういうことか?もし、一連の地震が人工のものであるなら、その最終的目的を果たすには東京を直撃する大地震がどうしても必要になるのです。「首都圏直下型地震で、横田や横須賀の米軍基地がダメージを受け、在韓米軍が救援に来る。

指揮系統の混乱・兵力の引き抜きにより、朝鮮半島の軍事的均衡が破れた機会に乗じて北朝鮮が一気に南進する。」というシナリオを黒幕は用意している。(在韓米軍の司令官たちは、安全な日本に家族を住まわせています。その家族が東京地震で行方不明になったら、将軍たちは北朝鮮の脅威を忘れ、日本にいる家族の救援に真っ先に軍を送るかもしれない。)

「東京大地震が実現できないと、この究極のシナリオが実行できない。ところが三度試みても震度3程度にしか達しない。被害が出ない。」どうやら、起震に失敗したということなのでしょうか?それで仕方なく、次に予定されていた「静岡」を先行させた?

さて、三回の東京地震とも震源が同じ場所。ということは、人工地震を仕組むには、特定の条件が必要で同じ場所でしか実行できないということでしょうか?少しづつ悪魔の諸事情も見えてくるようです。

2011年3月13日 15時14分ごろ 深さ40km
2011年3月14日 5時21分ごろ  深さ30km
2011年3月15日 1時36分ごろ  深さ30km
2011年3月15日 4時59分ごろ  深さ40km
2011年3月15日 9時51分ごろ  深さ30km

いずれも東京湾(北緯35.6度、東経139.9度)です。

確認できただけでも5回。完全におかしい。少なくとも政府は緊急で調査するべきです。 日本独立 2011/03/16 08:56

このたびの「人工地震」テロは、単独の事件ではないのです。911自作自演テロもオウム事件も実は、同じ黒幕による謀略事件だったのです。「2011人工地震テロ」は、911から始まった「ユダヤ世界最終戦争」の第二段階、つまり、「311」なのです。これを止めなければ、われわれは破滅します。しかし、悪魔たちも疲労し思うように動けなくなっています。首領はいつ死んでもおかしくない95歳です。

さらに情報収集いたしましょう。敵は焦っています。

リチャード・コシミズでした。

4月8日追記
「福島第一原発はなぜ狙われたのか。」をアップしましたので、是非一読ください。
http://cosmo-world.seesaa.net/article/194452018.html


つづく。








ランタン







posted by コスモ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦後最大の危機。






ジオターゲティング



副島隆彦 掲示板から抜粋 
--------------------------
もう、福島第一原発、そして、第二原発 そして、 女川原発 も 危ないのです。
日本国が、始まって以来の 最大の、存亡の危機が起きているのです。

救援で駆け付けた 米空母ロナルド・レーガン号も、三陸沖をすでに 昨夜は離れただろう。
巡洋艦クラスから飛び立った部隊が、壊滅した気仙沼市の救援に向かったが、途中で昨夜、引き返したようだ。 自分たちが、核汚染(放射能汚染)される前に逃げるに決まっている。

30万人の被災者たちは、このあと、細々と救援が続いた後、見殺しにされるだろう。 
自衛隊の10万人(今、警察と合わせて5万人)が、さらに動員される、というが、なかなか現地に向かわないのではないか。核防護服が無い、とか、なんとか理由をつけて。

もういい。私は、もう、決めた。はっきり書きます。
最悪の、最悪は、炉心爆発=核爆発 です。きのこ雲が、上がるかもしれない。
広島、長崎 の 原爆(アトミック・ボム)の破裂と同じ、核爆発(ニュークレア・エクスプロージョン)です。 

そして、昨日(13日)昼から公然と、言われ始めた、3号機まで が 危なくなってきた。
 こっちは、プルサーマル燃料と言う もっと危険な 物質を 最近から、使い始めていたらしい。 これだと、冷却液を上からかけて、泡状(フォーム)にして、放射能の広がりを防ぐ、というのも効かない。 おそろしい事態です。

そして、福島第二原発と 女川原発も危なくなりつつあるようだ。女川は、仙台市に近い。 
今度の 大地震の 震源地が、その東側の 海溝の淵にある。
 
 私、副島隆彦が、今、唯一、自分を支えている思想は、それは、若い人たちを守らなければ、ということです。
若い人たちだけは、西に逃がして、放射能の汚染から脱出させなければ、ということです。
 成長が止まった、30歳から上の大人は、あとあと、甲状腺異常や、 白血病になる率は少ないです。 
10代の若い子供たちだけは、出来るだけ早く、西に、関西に疎開させなければならない。
 若い日本人たちを救わなければ。今、私を支えている思想は、たったそれだけです。

つづく。








posted by コスモ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡地震ー震度6強。



やっぱり来たな。
思った通り静岡だ。

今日の16時過ぎ当ブロブ「TTPの呪い。」で予想していた。
記事は下記の通り。

>>ニュージーランドもTPPに後ろ向きだった。
で、ニュージーランドの次は日本か?
もう遅いな。

震災前に復興株がなぜ上がるのかな(東日本ハウス)。
関東ではユダヤ人たちと思われる白人たちが、取り付けをしている模様。
引き続き関東が狙われるかも。

天皇家は既に京都に移ったらしい。

忙しいのでとりあえずここまで。<<

静岡地震では、原発の破壊が進まなかった。
津波も呼び起こせなかった。
今回は思ったほどの効果が出ていない。


まだ大きいのが来るな。
満月を迎える19日前後が山やまかな?

これは預言ではない。
予言でもない。
予測される範ちゅう。

背後関係に理解があれば誰でもわかる。
当ブログを長きにわたって訪ねて頂いている方ならわかるはず。

くる。
きっと来る。

もし来なければ、落ち着いた頃、気が付いてみたら日本はTTPを既に受け入れているでしょう。

つづく。



posted by コスモ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。