2011年04月24日

日本丸ごと乗っ取り計画。



<



リチャード・コシミズ氏のサイトに鋭い記事が載っていましたので転載させていただきます。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_137.html

はじめての方は、当ブログ「福島原発はなぜ狙われたのか」も合わせてお読みください。
http://cosmo-world.seesaa.net/article/194452018.html

<<以下貼り付け>>


「さてどうなるのでしょう 米国はドルデフォルトでソ連崩壊と同じ道を辿ることになるとみていますが」

○米国債崩壊(メルトダウン)近し、ヘッジファンドが売り逃げ(現金化)
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/c63f5aca3775db204700fb64f197396e

「彼らは同じ手口を何度も使いますね 90年代に起きたことが忠実に再現されている これは過去に戻って歴史をやり直すループを再現しているみたいです これが戦略なのでしょう」 正義 2011/04/20 21:01

「米国経済の落日」こそが、311東日本大震災を引き起こした元凶なのです。
金に困った米国の金融ゴロツキが311テロを引き起こしたのです。
311戦争=経済戦争だったのです。

では、ご紹介いただいた「逝きし世の面影」の記事からエッセンス部分を抜粋してみます。
嗚呼、なんと分かりやすいのだろう。(本来こんな記事は日本経罪新聞が掲載すべきですが、金融ユダヤ人に完全支配されているため、米国経済危機は封印して報道しません。

日本の民間のカネが米国から避難を始めると「ご臨終」だから、日経もなにごともないかのように平静をつくろっているのでしょう。無価値な経済紙です。)

「米国債を現金化 逃げるヘッジファンド」

「米国ドルは今年の中頃にも危機的状況に陥る可能性が高い。」

「基軸通貨で無くなるドル スティグリッツの予測」

「米政府の一般債務の対国内総生産(GDP)比率が来年2012年には100%に達し、国債の引き受けてが全て無くなる。

「米国債の70%をFRB(米連邦準備理事会)が買っているが、QE2の終了で米国自体が買えないとなると誰も買う者はなくなり、米金利は爆発的に急騰して、アメリカは最悪デフォルトに陥る。」

「ドル基軸通貨制度の崩壊の切迫に、新米ドル発行での債務放棄をもくろむ米政府の動きが顕在化する。」

「『世界恐慌時を遥かに凌ぐ債務超過』アメリカの闇」

「(世界恐慌という)資本主義社会の全般的危機を救った神風がWWUである。」

「2000年のアメリカのネットバブル崩壊が引き金となって信用バブルも崩壊する筈が、2001年の不思議な9・11事件が引き起こされ債務超過(借金バブル)は益々加速して行った」

「世界から見れば日本国はとんでもなく豊かな、稀に見る膨大な資産を持つ純債権国」

『もしもの時の円買い?大震災で史上最高値』

「アメリカの財政赤字を助ける為の米国債の購入などは手控えるし、本来なら資金調達の目的でアメリカの国債を売り払い現金化する.....
世界の投資家達は全員がそう思って円の買いに回った。」

「『円高』は日本の事情ではなくて、日本の国債購入に頼っている米国の事情がある。日本の円高の原因とは、アメリカの信用の失墜(借金体質による財政赤字)が一番大きな要因である。」

「円高ではなく借金まみれのアメリカの信用不安によるドル安であり、時間的な早い遅いの違いはあっても最悪の『最後のカタルシス』(ドル崩壊)の局面に向っかて世界が動いていることだけは間違いない。」

「国外の最大の米国債保有国は中国だが、現在の最大の保有者は発行総額の7割を買い入れている米連邦準備理事会(FRB)なのであるが、それも6月までで打ち切りの危機が目前に迫っている。」

「そもそも紙幣発行を行う中央銀行の自国の国債購入とは、蛸が自分の足を食べる行為にも似たオーソドックスな経済学の基本的な考え方では絶対にやってはならない最悪の手段であるとされていて、必ず行き詰る事が分かり切っている『掟破り』の御法度(禁じ手の反則技)」

米国は、「自分でモノを作り売って稼ぎ生活していく」ことのできない、つまり本質的に「自活能力」のない国家です。

今までITバブル、株バブル、不動産バブルを演出して実体のない好景気を演出してきました。
だが、もとより「虚構の繁栄」でありいつまでも嘘は維持できません。
そこで、GWブッシュ政権発足からははっきりと「借金をチャラにする前提で使い放題使いまくろう」「大戦争を起こすためには金を使いまくろう。」を始めています。

一方で、最後の頼みの「不動産バブル」は「貧乏人に高金利で金を貸して家を建てさせる。
住宅市場価格が上昇する限りは破綻しない。」という手口で拡大を続けました。
だが、市場が飽和すれば経済の膨張は止まります。

止まった結果、住宅価格が上げどまりローンが払えなくなった買い手が次々に債務不履行に陥った。これがサブプライム・ローンの破綻です。
ユダヤ金融資本は天文学的数字の不良債権をかかえて疲弊しました。
日本のカルトや裏社会の巨額資金も焦げ付いた模様です。
彼らは負債を連邦政府に押し付けて一息つきました。
国家はとんでもない負債を抱え込みました。

結果、米国政府は、中国と日本に米国債を買ってもらうことでかろうじて「借金の借り換え」をして自転車操業する事態に陥りました。

だが、今まで米国債を買ってくれたヘッジファンドにも背を向けられ、中日にもこれ以上押し付けられず、仕方なくFRBに米国債を買わせています。(大震災に乗じて100兆円ほど日本から強奪したとする説もありますが。)「たこがたこの足を食って生きながらえている」状態です。

まさにもう後がない危機です。
もっとも、金融ユダヤ人には、一応は「予想通り・予定どおりの危機」ではあるのですが。
但し予定より少し早く危機が来てしまった模様です。

米国を支配する金融ユダヤ人は「緊縮財政」といった痛みの伴う健全な経済運営を求めず、「あの手を使えばまた贅沢できる。独占できる。」と1920年代を思い出したようです。

「1929−1932年、NYから始まった世界大恐慌。1940年、第二次世界大戦。米国ユダヤ資本の世界経済支配完成。」

この手口を使うことを前提にGWブッシュに911内部犯行と以後のイラク・アフガン侵略などの世界戦争準備をやらせ、ついには311人工地震・津波テロで極東大戦争の素地を作ろうとしたのです。

(また、「日本は放射能汚染した水を海洋に投棄する信用ならない国家。日本は今後長い間放射能汚染で経済が停滞する。日本も日本円ももうだめだ。だから結局、米ドルが一番安全だ。」といった誘導が働いていると見る向きもあります。

姦(菅)政権もその目的で「レベル7」などと言い出しているわけです。姦政権=311テロリストですので。実際、中国では「もし震災がなければ、日本円が米ドルに取って代わって基軸通貨となっていたかも」といった噂が流れているそうです。
311テロはその傾向を打ち消す目的もあったようです。)

日本に災害で大混乱を引き起こし、反政府運動を激化させてそれを口実に国家統制を強め、中国や朝鮮(恐らく韓国も北鮮に軍事統合されるシナリオがある。)と敵対する軍事国家化する。そして、極東大戦争へ。

一方、中東ではCIA・モサドの先導した「反政府デモ」の結果、イスラム原理主義政府が次々と樹立され、イスラエルと敵対させられる。

そして新たな中東戦争が勃発する。
極東と中東の両方で大きな戦争を引き起こす事により、ユダヤ米国は「世界大恐慌のあとの第二次大戦」で復活した歴史を繰り返そうと企んでいる。

そして、金融ユダヤ人たちは、経済の独占の目的を達成するために宗教的プロパガンダを悪用する。新約聖書のハルマゲドン、救世主再臨といったストーリーが実現するかのように偽装する。
2012年アセンションをあおる。
馬鹿が騙されて利用される。
有名人がカネで買収されて煽りに加担する。

こういった流れの中で起こされたのが311同時多発テロなのです。
そしてこのテロが計画半ばにして失敗すれば、ユダヤ米国のとる道は、「国家デフォルト」ないしは「ハイパーインフレ」しかない。
我々は米国が失権してくれる「国家デフォルト」を強く望むわけです。

私は彼らの311計画はほぼ失敗したと見ています。
何度か311級の大地震を起こそうとしたが失敗した。
東京大地震・富士山噴火も不能となった....ように思います。
つまり、既に「撤収モード」にはいっていると。
一方で、経済破綻は間近かに迫っている。

勝ったんじゃないかな、我々は。そう思っています。予断は許しませんが、多分。

311は経済戦争でした。
ここのところが分からないと永遠にB層です。
創価学会員と変わりません。無価値です。

以上。

つづく。







posted by コスモ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。