2011年05月18日

ハヤブサの帰還と日本の支配階級。






小惑星「イトカワ」を目指した「ハヤブサ」の名前には重要な意味がある。
天皇を頂点とする日本の本当の支配階級が、世界支配を目指すイルミナリティに対して反旗を翻した瞬間でもある。

何度も言ってきたが、ロケット「ハヤブサ」を横に向けると、世界中が震撼する「ミサイル」に豹変する事を思い出していただきたい。

なぜ「はやぶさ」はそのターゲットとしてイトカワを選んだのか。
もちろん、イトカワの軌道が地球に近いという技術的なメリットはあった。
しかし日本のロケット開発の父、故糸川博士(1912−1999)が戦前に戦闘機隼(はやぶさ)を開発していたことを知る人は少ない。

小惑星イトカワとは日本の宇宙開発の父である糸川英夫から来ている。
彼は戦後の貧相な開発環境の中でロケット開発全精力を傾け、宇宙開発理解の無かった国家や企業を必死で口説き落として、やっと開発の援助の約束を取り付けた。

決して十分とは言えない予算で七転八倒しながら時には旧社会党の左翼連中からの妨害に会いなら苦難の末、日本初の人工衛星打ち上げまでこぎつけた、それも世界で4番目に打ち上げた。
純民生技術のみで。

彼は戦前、航空機の技術者だった。
糸川博士は、戦前は戦闘機の隼や鍾馗を開発し、戦後は日本のロケットを0から開発した天才である。晩年にはバレリーナになるとか、音響工学に基づいてバイオリンを製作するとか、天才にありがちな、奇矯な振る舞いもあったようだ。

彼の携わった一番代表作こそ、戦闘機「隼」だ。

この隼は当時、国民の間で圧倒的人気のあった航空機であり、まさに日本を代表する航空機であり、これから日本の航空技術の飛躍を感じさせるものだった。

しかし敗戦と占領政策による航空機開発の禁止によって日本の空の技術は壊滅的打撃を受け、多くの航空機技術者達は空への夢を捨てざる終えなかった。

ある者は新幹線を、ある者は自動車開発へと向かって行った。
しかし最後まで糸川博士は空への夢を捨てずロケットと衛星に自らの思いを託し、日本宇宙技術の
基礎を固めた。

敗戦の時、自分たちが作り出した航空機の多くが焼かれ壊され、破棄され、技術開発禁止され技術者の多くは涙し絶望した。

しかしそこから立ちあがり、日本の空の技術の復権と発展を掛けた、技術者達の血と涙、執念、夢
と努力の歴史とその結晶を背負って、半世紀以上の時を経て、もう一度「隼」は「糸川」に出会った。

戦後65年後、2010年6月、ハヤブサは地球の空で燃え尽きる。
この瞬間、日本の多くの人が感動で涙したでしょうが、日本の支配階級が流した涙(実際に涙したかどうかは判らんが)の意味は私たちが流した涙とは意味が違う。

あなたや私が、645年から延々と続く支配階級の立場であると仮定すると、その意味がわかってくるだろう。

戦中戦後、連合国軍に良いように自分の所有する国土をもてあそばれ、富を搾取され続け、これを快く思うものはいないはずだ。
奥歯をぐっとかみしめ苦々しい思いをしていたに違いない。

「ハヤブサ」の帰還が東北大震災のトリガーになってしまった可能性もある。
菅総理が震災後一番最初に向かった先は、被災地ではなく「福島原発」だった。
福島原発では核兵器製造疑惑がある。
福島原発の設備はGE製である。
その開発国アメリカや、原発先進国のフランスの技術供与をかたくなに拒み続ける理由もそこにあるのではないか。

私たちの周りで起きている事を冷めた目で見てみると、それは支配階級レベルで起きている覇権争いの投影図である事が見えてくる。

日本政府は常に、世界支配と日本の支配階級とのはざまでいつも大きく揺れ動いているだろう。
今回のような大きな事象が起きるとどうしてもちぐはぐな動きが浮き彫りになってしまう。

あっちの言う事も聞かなければならない。
こっちの言う事も聞かなければならない。
菅総理の頭の中は大忙しで、爆発寸前でしょう。
「浜岡原発」の停止を指示したのも、もちろん、枝野でも菅でもなく、支配層である。

言動に一貫性がないのは当たり前である。
「日本政府」とは、日本国民のためにあるのではなく、支配階級のために存在している事が見えてくる。

つづく。













posted by コスモ at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

ビンラディン容疑者殺害。




<


ビンラディンを殺害?
嘘こけ。
そんな訳ないじゃないか。
へ〜〜、そんで遺体は海に流したってぇ〜?
東条英機処刑後の処置と同じですね。
ちょっと見え見えですね、もう少し頭使ったらいいんじゃないですか?

オバマは母方はスエーデン系白人で元米国共産党員。
隠れユダヤ人とみて間違えないでしょう。
今回、米国経済が崖っぷちで、対日地震テロで、日本丸ごと乗っ取り計画も中途半端で失敗したので、CFRが焦って新たな作戦を指示したというところでしょうか。

つまり、イスラム社会のヒーローであるビンラディンを殺したことにして、イスラム勢力の怒りを誘発し中東を大至急戦争状態に追い込みたいのではないかな。

エジプトから始まった反米政権誕生計画は、想定外のリビアの反政府運動でとん挫状態。
日本に仕掛けた311テロも中途半端で失敗。

現在アメリカは発行国債のほとんどをタコの足食い状態で、自分で発行した国債をFRB自身がで買いあさっていますが、これとて6月には打ち切りとなる予定です。
さらに期間延長するのかな?と延命策の行方を推察していましたが、「ビンラディン殺害」ときましたか。

すぐにでも大戦争にならないともはや米ドルが持たない状態まで追い詰められている事を如実に物語っています。

勿論、ビンラディンは隠れユダヤ人でCIAのエージェントですので、殺したりするはずはありません。

ところが、・・・ところが浅川氏のHPでは次のように述べられています。
>>ところで、今回、オサマ・ビンラディン容疑者の殺害が実行されたのは、マスコミで伝えられているように、たまたま逃避先の場所が特定できたからというようなものではなく、ぼつぼつ彼の口を封じておく必要が 出てきたからではないだろうか。

マスコミ報道では、銃撃戦となり結果的に殺害したということになっているが、恐らくは最初から捕縛など念頭になかったに違いない。裁判がやっかいというだけでなく、彼の口から出てくる一言一句が真の実行犯にとっては、恐ろしかったからに他ならない。 真相を知るチェイニー前副大統領が政敵オバマ大統領に賛辞を送っているのを見れば、それがよく分かる。

これから先、あらゆる嘘が暴かれ、真実が次々と世に出てくるこっとになる。同時テロを企て た実行した輩は安堵していることだろうが、それは長くは続かないはずだ。遠からずして真相が明らかになったとき、何十万人、何百万人の アラブ人被害者の憎しみや恨みの念が、彼らの魂をさいなむことになってくることだろう。<<
http://www.y-asakawa.com/Message2011-1/11-message46.htm

浅川氏でもこのような考えに至るものなのかと、首をひねってしまった。
あるいは、裏から手が回ったか?
こんな、子供だましのような記事を肯定するとは、ちょっと信じられない。

なぜならば、エージェントの安全が保障されていなければ、安心して職務を遂行できる訳がないからだ。
絶対という言葉が許されるならば、「絶対」に殺したりしない。
まして、ウサマ家とブッシュ家は数十年来の付き合いである。
アメリカ=ブッシュ家=CIA=ビンラディンである。

おそらくはビンラディンに似たダミーを適当に選んで殺し、偽装したのでしょう。
遺体を回収していないのが証拠と言えるでしょう。
遺体がない訳ですから、殺害したとも言い張っても、証拠がない訳です。
「殺害した」とアメリカが言っているだけです。

ビンラディンも最後の仕事を終えて、ゆっくりするのでしょう。

イスラム勢力がビンラディンの弔い合戦にすぐ仕掛けてこない場合に備えて、モサドとCIAがイスラムゲリラを偽装して、「アルカイダ」という架空の戦力の名を騙り、米軍施設やイスラエルなどにインチキテロを仕掛けてくるかもしれませんね。

その上で、イスラエルを巻き込んだ中東大戦争を引き起こし、米ドル破綻騒ぎを何とか誤魔化そうと考えいると考えるのが自然の流れではないでしょうか。


【速報】米国がウサマ・ビンラディン容疑者を殺害/遺体も確保 【社会ニュース】 2011/05/02(月) 15:56  
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0502&f=national_0502_162.shtml

米中枢同時テロを首謀した国際テロ組織「アルカイダ」の指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者が死亡したと、米CNNは1日報道した。

マスコミ各局のニュース速報によると、米国がウサマ・ビンラディンを殺害したことが判明した。この情報は日本でも速報として伝えられ、多くの人たちが驚きを隠せずにいる。

詳しい情報は不明だが、今まで幾度となく死亡説がささやかれていただけに、この公式発表は衝撃を与えている。現在わかっている情報は少ないが、パキスタン・イスラマバードにある譲許地区でウサマ・ビンラディンを殺害したと報じられている。

このウサマ・ビンラディン殺害に関してアメリカ合衆国大統領は記者会見を開くとのこと。新たな情報は会見で手に入りそうだが、たとえどのような内容だったとしても世界に大きな衝撃を与える内容であることは確かだ。(情報提供:ロケットニュース24)

つづく。









posted by コスモ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。