2011年11月26日

TPPの本質。





何度も言いますがTPPは農業や製造業の問題ではありません。
TPPには24分野あり、21項目に分類されていますが農業も製造業も「市場アクセス」という同じ分野です。

日本の外需(貿易)依存度は実は15%しかないんだよ。
日本の本当の実態は内需型なんだ。
新聞やTVの報道を見る限り、内需と外需がさかさまのような錯覚に陥ってしまうが、もちろんメディアの誘導にほかならない。

TPPは「政府調達」などの公共事業も海外に門戸を開くことになる。
今まで国内の企業に発注していた公共事業も海外がとってしまうという、内需を海外に持っていかれることだ。

アメリカには世界最大の建設会社、悪魔の「ベクテル社」が存在する。

アメリカは輸出を増やすとアメリカ国民をだましていっるが、輸出は増えません。
なぜならばアメリカには売る物がないからです。
コカ・コーラやマック、ケンタッキーのおじさんがいくら頑張っても大した金額にはなりません。

アメリカの考えは金融、保険で効率よく日本から金を吸い上げるつもりなんだな。
日本の健康保険をAIGやアフラックにすりかえ、毎月の保険料をごっそりアメリカにもっていくつもりでいるだろう。

TPP導入で国内の雇用状態が悪くなればGDPは低下し税収も低下するでしょうし当然、一般公務員の給料も減る事になるでしょう。
国費を投じている健康保険や年金なども維持不可能になります。

そもそも税収が38兆円しかないこの国の一般会計で医療費負担が34兆円と事自体が異常な事です。
しかも毎年1兆円つづ増えています。

>>一口に1兆円といいますが、1兆円とはいったいどれくらいのお金なのでしょう。
私の計算によりますと毎日毎日、来る日も来る日も、1日100万円ずつ縄文時代から使い続けて今日まで使えるほどのお金です。
正確に言いますと2740年間100万円づつ毎日使った金額です。
時代は丁度縄文時代と弥生時代とが、かぶった頃になります。<<

AIGはリーマンショックのあおりで破たんしましたが、そのままアメリカ政府が巨額な税金をつぎ込んで維持していますね。
そのつぎ込んだ公的資金の穴を埋めるには日本の健康保険制度を乗っ取ってしまえばいい訳です。
年金制度も同じ事です。
公的年金から個人年金へ変わる流れができるでしょう。

まあ、あまりにも膨らむ医療費を見ていたら、自業自得かなって感じもする。
かえってがん患者は治療(手術、抗がん剤、放射線)できなくなって今よりずっと延命できるようになったりして。
なにせ癌患者の80%は癌が原因で死亡していない。
抗がん剤の副作用で死んでいるという事を忘れないでください。

それに、うかつに病院にかかれない事になれば、もっと健康に気を使うようになるだろうし、生活習慣病なんてどっと減るかもですね。


【TPPを推進している人】
@ アメリカ(オバマ氏はTPPで雇用と輸出を伸ばすと言ってアメリカ国民をだまそうとしている)
→ 選挙のため
A 経済産業省、財務省、外務省
B 経団連
C TPPを推進する政治家

TPPで儲かるのは資本家です。
海外に進出して安い労働力を確保でますから。

そういう利権と絡んでいる政治家がTPPを推進している。

省庁は縦割で、自分の省庁のところのことしか考えていないので全体のことを考えて判断しないといけないのが政治家の仕事のはず。
ところが、今の内閣は官僚の操り人形である事は既に周知に事実。
(国会中継を見ると、官僚が用意したペーパーを読むだけだしな。)

マスコミはスポンサーありきなので、賛成の報道ばかり。

大企業は海外に出て行くだろ。
中小企業は競争の激化で、多くの会社が倒産しる事になるかもしれない。
デフレでモノがあふれているところに安いモノが入ってきたらデフレはさらに進み、国内の企業は窮地に追いやられ海外から安い労働力が入ってくることになる。

ちなみに、日本人は給料の安い国に働きに行くことはないし、失業率の高いアメリカに働きに行くこともない。

1%の富裕層と99%の貧困層のアメリカを見たらアメリカのようなグローバル化をするとどうなるかよく分かりる。

今の少子化の主要な原因の一つが低賃金などの雇用問題の悪さです。
TPPに参加して、低賃金化がさらに進めば、少子化はさらに進むでしょう。
しかも、出産費用も高くなると言われています。

また、競争激化により自殺率も上昇もするでしょう。

TVのバラエティをみれば芸人、ホモ、ハーフ、外人がとても目につきます。
電車に乗れば、本や新聞を読む人はいなくなり、メールかモバゲーに興じている。

すべての行為が日本人から教養をはく奪し、国力を下げ、または日本民族を減らそう、あるいは「違う種」の血を混ぜ日本民族そのものを無くしてしまおうという政策のようにも見れる。

日本は敗戦国である事を忘れてはいけない。

『菅沼光弘 石原慎太郎 東京の窓から』
http://www.youtube.com/watch?v=8eZ4Ym7cEQQ





posted by コスモ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

バレエのススメ。


そもそも私はバレエというものを鑑賞するような品のある種類の人間ではない。
20年ほど前、モンテカルロバレエ団の存在を知って初めて公演を見た。

本物のバレエは知らないが、とにかく素晴しいと感じた。
そのはずである。
彼らは並はずれた技術を後ろ盾にしたプリンシバルたちなのだから。

そこを入り口に我が家の娘は後にバレエを始め、その効果は大変なものだった。
先ず姿勢が大変に美しくなり、体のラインが、特に首から肩にかけてのラインが流線形を作り、私は「ああ、きれいだなぁ」といつも思うようになった。

我が家の娘がバレエを始めたのは家計が楽ではなかったので、バイト代で月謝を払う事ができるようになってからの事で、18歳を回っていた。

けして、発表会に出てどうのこうのというようなレベルのものではない。
しかし姿勢が美しくなると、腰痛がきえ、肩こりが消え、胃腸の調子がよくなり、よって肌のトラブルもなくなり、多少のお金がかかる以外良いことずくめ。

近所に、フィギュアスケートを幼いころから習っていた高校生のお嬢さんは、フィギャアのためにバレエを習っていたが、きわめてしなやかで、礼儀正しく、顔の出来不出来は置いといて、大変さわやかなお嬢さんであった。

芸術性豊かなこのバレエというスポーツ?は、対人関係や、健康、見栄えを大きく左右する。
もしこの記事をお読みの親御さんがおられたなら、塾もいいが時間とお金に余裕があるならぜひバレエを習わせてあげて頂きたい。

特別に上を目指すような事がなければ、精神的にも肉体的にも大きなストレスがなく、お勧めです。

モンテのダンサーの中で、魔女のような風貌で、背が高く足が長く、顔の表情が豊かなひと際目を引くお嬢さん?を私はいつも「三輪さん」とよんでいる。
瀕死の白鳥をソロで踊っているので見てください。

ところで、TPPに中国が参加をほのめかしていましたね。
ユダ金の思惑が大きく崩れる結果になるかもしれませんね。
ざま―みろです。
これにロシアが載ってくればもっと面白くなりますね。
期待しましょう。

ところで女子バレーのアメリカVS日本。
いくらなんでもストレート勝ちは見え透いていますね。
アメリカはあの場面で勝っても負けても体制に影響はありませんからね。
「ちょっと日本の猿どものわきをこちょこちょとしてやれ」程度の事でしょう。

忘れないでください、8月2日アメリカがデフォルトするかしないかの直前に起きた事。
女子サッカーワールドカップ決勝。
日本VSアメリカ。
アメリカは勝ちをゆずって、日本から多額の銭を持っていった事でしょう。






つづく。
posted by コスモ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

TPPは農業問題ではない。




モンサントは、ロックフェラーの支配する企業であり、ロックフェラー財団は世界の主要な穀物の95%の種子の特許を支配している。

モンサントは、ベトナム戦争で枯葉剤を開発した企業である事を知っているだろうか。
この会社がTPPをつゆばらいにして遺伝子組み換え作物(遺伝子損傷作物)で日本を飲み込もうとしている。

種が一代しか続かず、「自殺種」=「F-1種」という種が売られる。
つまり種自身が種を再生産しないというとんでもない種でしか穀物栽培ができなくなる。
従来の種で自家栽培をしてはいけないという法律が通ってしまった国もある。

毎年種をモンサントから買わないといけなくなる。
その際に一番儲かるのは連携している住友化学であり、そこの社長出身者が財界のトップにいてTPPを推進している。
経団連会長の米倉氏である。

サンモント社については、記事を何遍も書いているが、とりわけ参照して頂きたいのは、下記の「笑う穀物メジャー」http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=213431701
「サンモントとベクテル社」http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=213431701
「サンモント社」http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=209278594
「緑の革命」がもたらしたものhttp://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=121133338

確かにTPPにおいて農業問題は課題が多く存在する。
しかし、これらが実現するには長いじかんがかかる。

TPPが農業問題と思いこんでしまっている人は多いと思う。
そこがメディアの汚いやり方だ。

アメリカ再建を目論んで手っ取り早く日本から金を奪える方法。
それは金融だ。

計算した事は無いが、公的年金として納められる毎月の保険料、健康保険料の総額、この2つだけでもいくらになるのか想像しただけでも頭がくらくらする。

それにもまして狙いはかねてからのゆうちょの350兆円、そしてかんぽの財産だ。

関税を撤廃してもアメリカには売るものがない。
コカコーラ、マック、カーネルサンダースの他には飛行機位。
主力は、AIGとアフラックくらいなもんだな。
それらが日本の財産の全てを飲み尽くそうとしている。

戦争を起こせないアメリカはいま、このTPPにゆだねるほかないというのが現状のようだ。

とにかく早く何とかしなければならない。
・・・金がないんだ!か、金、金くれ!!と言っているんだ。

農業問題だけに目を奪われてはいけない。




つづく。




posted by コスモ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

TPP・・・ひとり言。





数年前から自分にはどうしても理解できない事があって、それは私の知る限り、どこを探しても誰も論じてはいなかった。

グリコ森永事件(怪人21面相)のような、JAL123便(御巣鷹山事件)のような、3億円強奪事件のような、世田谷一家4人殺人事件のような、ライブドアや毒入り餃子も、それは、通常の理解を超える摩訶不思議な事件のように思えて、実は世の中の構造が理解できれば、そう、この世の構造がヤダや金融資本によって動いていると理解ができれば解決ができる事件とはもっと違う事だ。

いや、本当は同じ類のことなのだけれど、理解不能な出来事が私にはあった。
それは、世界政府樹立を目論むユダヤ金融資本が、旧約聖書に基づいて肝いりで仕組んで作り上げた、ユーロ圏が世界支配どころではなく、崩壊に向かっているという事だ。

ここのところがどうしても納得できなかった。
起きている事実はほど旧約聖書のとおりであるのに、なぜここに来てこの体制を潰そうとしているのかが判らなかった。

起きている事実はほぼ旧約聖書のとおりであるのに、なでここに来てこの体制を崩そうとしているのかが判らなかった。

ユーロが世界を席巻し始めた頃、このままシナリオ通りの進むんだなと思っていた。
事実ユーロはドルに変わり世界通貨を変えつつあったし、ハリウッド映画を見てもドルからユーロへの流れは確実だった。

ここにきてユーロ圏はガタガタ、アメリカもガタガタ。
これはいったいどういう事なんだろうか?

以前私は世界中の中央銀行が同時に破たんしたらどうなるのだろうという妄想に駆られた事があるが、まあ、似たようなもんだな。
名付けて「世界総貧困化計画」だ。

もしもあなたが一般人ではなく、特権階級の、しかもピラミッドの頂上に君臨する支配階級の身であると仮定して、周りを見渡して見て、どう考えるだろう?

あなたの周りにはお利口さんもいればお人よしもいるだろう。
しかし知性も教養もなくおまけに思考力もなくただ漫然と生きている人が多いとは思わないだろうか。
本を読む訳でもなく、何かで調べる訳でもなく、誰かに聞くでもなく、TVや新聞のニュースで聞いた事をそのまま信じる。
まわりではこのレベルが7割くらいでまだましな方と思う。
もちろんこの7割の中にもピンからキリである。

選挙の時によく思うことは、「バカも利巧も同じ一票かよ」。
私のレベルでさえこう思うのだから、支配階級にでもなればなおさらだろう。

ピラミッドの頂上から下を見た時どう思うだろうか?
この地球は自分のものなのに、たかが下層階級のバカどもが、中流気取りでブランド品を身に付け、車を乗り回し、限りある資源を垂れ流す。

イイ気分はしないだろう。
あ〜〜〜〜、もったいない。って思うかもな。

こんなやつら要らない。
消してやる。

エイズはうまくいったな。
今回はインフルエンザにしようかな?
それとも正日に暴れさせて戦争でも起こすかな?
う〜〜〜ん、うまくいかないな、そうだ、TPPで、兵糧攻めにしてやろう。
日本には飼い犬もたくさんいるしな。
そうするべ。

参加を協議するテーブルに付かせさえすればもうこっちのもんだ。
総理は野田だし、やりやすい。
周りが反対ののろしを上げれば、総理の首と交換でいいしな。
誰が総理になろうと人形師は同じなんだから、どうでもいい。

てな風に思っている事だろう。

TPPは食糧問題が大きく取り上げられることが多いが、実は金融も保険もなんだ。
ユダ金の狙いはゆうちょ、簡保、健康保険、年金保険料。



つづく。
posted by コスモ at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。