2012年01月26日

カダフィはそんなに「悪」なのか?




シリアのカダフィ大佐がCIAによって殺害されてからシリアの国内はずいぶんと混迷しているようです。

果たしてカダフィという男、そんなに「悪」なのか、甚だ疑問に思って調べてみた。

・学費は全て無償である。
・医療費は全て無償である。
・国内で受けられない治療の場合は海外への渡航費の全額、渡航中の生活費月額2000ドルが支給されていた。
・結婚し家を購入する場合、5万(約400万円)ドルが御祝い金として支給されていた。
・車の購入は半額援助されていた。
・農業を営もうとする者には、土地、農機具、他必要な物の一切が無償で支給されていた。

世界中のニュースはロイターなど大手通信社がニュースソースになっている。
その通信社のオーナーはユダヤ金融資本の大御所、ロスチャイルド、ロックフェラーのものだ。

初めから彼らの都合のいいように絵具が塗られ、真実は歪められて私たちに伝えられる。

つづく。


posted by コスモ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

預言。

アセンション


むか〜しむかし、ある村にこんな言い伝えがありました。
「地蔵が赤くなる時、村は洪水で無くなる。逃げよ、とにかくすぐ逃げよ。」

この言い伝えを聞きつけた盗賊の親分は考えました。

「よし、村の連中をみんな追い払って、金品を盗ってやろう」

子分に命じて村中の地蔵を赤く塗ってしまいました。
赤くなった地蔵をみて村の衆は大慌てで逃げ出しました。

「お〜い、たいへんだぁ、地蔵さまが赤くなったどぉ〜〜!洪水が来るどぉ〜〜!!」

陰に潜んでこれを見ていた盗賊たちは、嬉しさで腹を抱えて笑っていました。
誰もいなくなった村の長者さんの屋敷で、盗賊たちは酒盛りを始めました。

その夜の事、ごうごうと滝のような雨が降り始めた。
その滝のような雨は降り続き、3日3晩降り続いてもなお降り続いた。
あまりの雨の勢いに盗賊たちは屋敷から逃げる事も出来ず、屋敷に閉じこもっておった。
そうして、4日目の事。
ついに、ご〜〜〜〜っという凄い音とともに村の一切が流されてしまった。

この話は神様というのは直接自分で物を動かしたりできないため、他の色々な力を利用するという事を教えるために創られた話だと思います。

ここに出てくる盗賊たちがユダヤ金融資本だとしたら、「人工アセンション」の話も解りやすいかもしれない。

つづく。




posted by コスモ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

2012。






いよいよ問題の2012年に突入しました。
やたらと危機をあおり金儲けをたくらむサイトもずいぶんあるようです。
チャネラーとタッグマッチを組んでいる輩もいるようです。
乗せられないように気をつけましょう。
予言なんて当たりませんから。

今年から長い文章を書くのはやめました。
忙しくて時間が取れないし、きちんと書こうと思うとずっと更新ができなくなるからです。

きちんと書けなくても、書く事にします。
たった一行でも書こうと決心致しました。
更新しないよりはましと思うからです。

私はツイッターはしません。
一度は参入しましたが、私には向いていません。

いわゆる「アセンション」は偽装できます。
近代兵器を使えば人工アセンションを演出する事ができます。
騙されてはいけません。

ワンワールド、または、ニュー・ワールド・オーダーは、ブッシュ、オバマ、サルコジなど、公然と言ってのけています。

「世界はひとつ」この美しい言葉に騙されてはいけません。
これはみんなが一つの輪になる事を意味しているのではなく、ほんの一握りの神に選ばれし民が世界を握るという事を言っています。

増えすぎた人口を人工アセンションで激減させ、完璧なまでのピラミッド社会を形成し、ほとんどの民を奴隷、またはそれ以下のゴイムとします。

何十億の人間をいったいどうやって激減させるのか?
簡単なんですよ。
蒸発させるんです。
オウムの平田容疑者が刈谷さんを蒸発させたのと同じです。
それを地球規模で行う訳です。

死体の処理の必要もなく、跡が残る訳でもありません。

これが「アセンション」の正体です。

つづく。



posted by コスモ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。