2013年04月09日

戦争の「きっかけ」を捏造するアメリカ。



北朝鮮の度重なる挑発をめぐり韓国の金章洙(キムジャンス)国家安保室長は7日、大統領府の会議で、「今月10日前後にミサイル発射のような挑発行為が起きる可能性がある」と指摘、「徹底的に備えている」と述べるなど警戒感をあらわにした.

小野寺五典防衛相も7日、北朝鮮の弾道ミサイルが日本領域に落下する事態に備え、自衛隊法に基づく破壊措置命令を発令した。
事前予告のない発射を想定した初めてのケースで、命令を受け、自衛隊はミサイル防衛(MD)による迎撃態勢に入った。

実は、今回の北朝鮮の一連の異常とも思える挑発的言動には裏が有るのは明明白白。
北朝鮮とアメリカは裏で繋がっいる。
北にチンピラやくざの真似をさせ、「北君、みんなが困っているじゃないか、やめたまえ!!」
とアメリカがさっそうと割って入る。
前記事の「歴史の授業」を見ていただいた方にはよく理解できるはず。

尖閣問題も裏でアメリカが動いていたが、どうにもこちらではうまく戦争のきっかけをつかめなかったようで、ついに切り札の「北君」に登場願うことになったのだろう。
今のアメリカには戦争経済がどうしても必要だからだ。
それの尻馬に乗るのが安倍。
いちばん尻馬に乗せやすいのが安倍だったので、12月のインチキ選挙で安倍を総理に仕立て上げたのだろう。
何せ安倍は筋金入りの売国奴たちの家系だからな!

これから先、中国と日本やフィリピン、ベトナム 、マレーシアなどとの間に戦闘行為 が発生した場合、米国が表舞台に登場するための国際的な正当性・大義名分を作る必要がある。
アフガンやイラクに介入するための9・11テロ捏造したように、これもまたしかりだ。

北朝鮮が5日に平壌駐在の英国などの外交使節団に対し、「4月10日以降の安全を保証できない」と退去勧告を行った。
今回の北朝鮮の一連の挑発的行動は、単なるお遊びではなく、アメリカがいよいよ本気で極東戦争を仕掛けてくるつもりなのかもしれない。
いずれも茶番の偽善行為に過ぎないが、やることは昔も今も変わっていない。
言うならば、「第2の真珠湾」。

いずれにしろミサイルによる攻撃が行われれば、インチキ安倍政権の誕生に次ぐ、日本軍国化の第 2弾となるシナリオだろう。
あとは米国にとって、7月の参議院選での自民党の大勝利をもって、極東戦争への轍が敷かれることになる。
 

うまく再生できない場合は、Wクリック、または拡大をクリックしてください。

posted by コスモ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

これが歴史の授業だ!!



うまく再生できないときはWクリックしてください。

学校で習う歴史の授業は実に退屈だ。
脈絡がなく分断されていて、しかも年号やら人物名の暗記を強要される。
事実は隠ぺいされ、都合のいいように歪曲され、美しく着飾られ、何かと釈然としない言い訳がましい理由が列らされている。
こんな教科にだれが興味を示すだろうか。

私のようなあまのじゃくは、その釈然としない部分にずっと長いこと疑問を持ち続け、こだわり続け、数年前にようやく全てを飲み込むことが出来た。
釈然としない何かを感じるということは、それは事実ではないということを物語っていると言っても間違えではない。
「事実ではない」と言えば聞こえはいが、つまりそれは『嘘』以外の何物でもない。

数年前東大の卒業生が、「うその歴史を教えられた」と激怒し、高校時代の教師を襲った事件があったが、真実を知ったときの彼の心の動揺はよく理解できる。

私もこの世の真実に気がついたときは愕然とし、1週間ほど熱にうなされているかのようだったものだ。
頭の中がグワングワン音を立てて回っているかのようで、平常心に戻るには相当数の日数を必要としたものだった。

先日ユーチューブで偶然歴史授業の動画を見つけた。
これが「まさしく歴史の授業だ」と言えるほど素晴らしいと感じたので、UPさせていただくことにした。

posted by コスモ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。