2008年12月12日

いよいよ始まるディスクロージャー

UFOの情報公開に関しては、いよいよアメリカも・・です。
ソビエトや(失礼、ロシアです)フランスではもうとっくに公開されています。
ソビエトの政府機関紙プラウダでは月の裏側に人工物が存在していると認めています。
また、数日前の情報によるとローマ法王が外遊先のテレビニュース取材に対し、「地球外生命の存在は否定できない」と語ったそうです。

エドガー・ミッチェルは、アポロ14号の宇宙飛行士で、月面歩行を経験した一人である。
彼はエイリアンが地球をたびたび訪れ、コンタクトをとっていると完全に確信している。
彼は「そのことはまだ一般的には知られていないけれど」という。月から帰還した後、エドガーはアメリカ国防総省で政府高官と報告会を持った。

そのとき、その高官はエドガーに、アメリカ政府はエイリアンの飛行物体の証拠をつかんでいるのだが、このことは秘密にしておかなければならないのだ、と語ったという。
エドガーは「その技術がどんなものであれ、政府が統制しているのだと思う」と述べる。

これられは暴露などではなくて、UFOの情報公開に向けて計画的にリークされたものです。

(一)アポロ計画

1954年2月20日アイゼンハワー大統領は エドワード空軍基地で 太陽系の惑星から来たという 5機の宇宙船で降り立った5人の宇宙人(人間)と会見をしている そこでは 物体移動 空中浮揚 テレパシー などの超能力を見せられ また月や火星 金星その他の太陽系の惑星の実態を教えられて たいへん驚き さらに宇宙人から 核実験の中止 を強く要請されている。

そこで翌年の1995年7月18日 米 英 旧ソ連 仏の四大国巨頭会談が行われた、この会談は当時の新聞各紙に軍縮会議の名目で掲載されていますが、会談の中身は月や惑星の実態そして 宇宙人からの要請をどうするか ということでありました。

会談終了の翌日にアイゼンハワー大統領は 宇宙開発計画を発表し、その数日後、 各国もそろって 宇宙計画を発表しております。
 これは まず彼ら(宇宙人)の言う事が本当かどうかを確かめよう ということになったのでした。

 その内容とは

(1) 月や太陽系の惑星には、地球人と同じ姿で 超能力を有する人間が住んでいるのだろうか

(2) 彼らの文明は地球人より はるかに進化し 貨幣経済のない 戦争も犯罪も病気もない 平等平和な理想社会を作っているのだろうか

(3) 彼らは地球人の知らないエネルギー(宇宙エネルギー)を使ってUFOに乗って地球にやって来ている などである。
     
アイゼンハワーの後をうけてアメリカ大統領になった 若き ジョン F ケネディは1962年3月24日ラングレイ空軍基地で ジョージ アダムスキー(コンタクティーとして有名 火星や金星を訪問している)の仲介で太陽系内の惑星から来た宇宙人と会見しています ケネディは なんとアダムスキーを政策ブレーンにして 地球改造計画 をスタートさせたのでした その一つが アポロ計画 でありました。

ケネディの考えていたアポロ計画の本当の目的は、月に人間を送り込み 月の実態 つまり 月の裏側には都市があり高度に進化した人間がすでに住んでいること また金星や火星にも地球人よりはるかに進化した人間が住んでおり平和な理想社会を築いていることを全世界に知らせて 地球人の意識改革を促し ローマ法王とも協力して 世界の平和を実現しようとしたのでした。

 しかし なんということか 1963年11月22日 ケネディはダラスで暗殺されてしまったのでした 。
この事件は公式発表の オズワルドの単独犯行ということでは とても納得できない ことは周知の通りであります。
そして一番不可解なことは司法当局の詳細な調査記録は2039年まで封印されたことです 。これはなぜなのでしょうか。

ケネディ大統領暗殺事件こそ 人類の未来を決めるターニングポイント(分岐点)であったと思います。
posted by コスモ at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。