2009年05月29日

オバマ大統領の役割。



現在、米国政府の負債は今年の2月時点でおよそ1京円($99 trillion以上)に達していると、米国中央銀行(Fed)ダラスのフィッシャー議長が最近証言しました。

これまで負債の総額は少なくとも$65 trillion(6000兆円)あるだろうと考えられてきましたが、精査してみると年金や健康保険に支払うべ費用が計上されておらず”大きな穴”があったことが分かったようです。

もともとオバマが大統領に選ばれた時点で、オバマ大統領が米国破綻の泥をかぶる役割であると指摘してきました。

シャドウ・ガバメントは自分たちの仲間であるヒラリーに泥をかぶせたくなかったのでしょう。

当初、就任早々にデフォルト宣言するとみられていたようですが、目一杯引っ張って傷を大きくしています。
この先いくつか奇策を打ってくる事が予想されますが、焼け石に水といったところでしょうか。

日本もアメリカも、相手がこけたから自分もこけたと言わんばかりに、互いにこけるのを待っているようにみえます。

続く。

posted by コスモ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。