2009年07月02日

冤罪で有罪確定。



佐藤優、冤罪で有罪確定。

国際学会への派遣費用などを外務省関連の国際機関「支援委員会」(廃止)に不正支出させた背任罪と、国後島の発電施設工事をめぐる偽計業務妨害罪に問われた同省元主任分析官佐藤優被告(49)の上告審で、最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は、被告の上告を棄却する決定をした。懲役二年六月、執行猶予四年とした一、二審判決が確定する。決定は六月三十日付。 佐藤被告は休職中だが、禁固刑以上の刑が確定した国家公務員は自動的に失職。
退職金は支払われない。

佐藤被告は、新党大地代表で衆院議員の鈴木宗男被告(61)=受託収賄罪などで実刑、上告中=の側近とされ、鈴木議員への捜査の過程で二〇〇二年、東京地検特捜部に逮捕、起訴された。
公判で「鈴木議員を立件するための国策捜査だ」と無罪を主張していた。

一、二審判決によると、佐藤被告は二〇〇〇年、イスラエルでの国際学会に学者を派遣するなどして、支援委に計約三千三百万円の損害を与えた。同年二〜三月には、支援委が発注した国後島の発電施設工事の入札で、入札予定価格を三井物産に漏らして落札させ、入札を妨害した。 

佐藤被告は一九八五年に外務省に入省。在ロシア日本大使館勤務時代に幅広い人脈を築き、ソ連やロシアの専門家として、省内随一の情報収集能力を誇った。

逮捕後、五百十二日間拘置され、保釈以降、「起訴休職外務事務官」の肩書で執筆活動を続けて多数の著作を発表。ベストセラー作家となったほか、外交、国際関係問題の論客として複数メディアに登場した。

◇ 佐藤被告は一日、「この国策捜査は、被告の私、取り調べをした検察官、事件の背後にいるとされた鈴木宗男議員の運命に大きな影響を与えた。
国策捜査の現実は、小説よりもずっと劇的だと思った」とコメント。

同日夜、東京都内で開かれたシンポジウム後には「検察に不満はない。この事件がなければ北方領土のいくつかの島に今ごろ、日本の旗が立っていたと思う。そう考えると、国民に申し訳ない」と語った。

 鈴木宗男議員の話 

佐藤さんはうそをついた当時の外務省職員の犠牲になった。
私も外務省にうまく使われた。
佐藤さんも外務省という組織に利用されたのだと思う。
このような組織を守ってきたことは間違っていた。深く反省している。

こうしてまた一人、「脱・ロックフェラー」の人脈がつぶされた。

ぜひ見て頂きたい。↓
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
posted by コスモ at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。