2009年10月27日

イルミナリティ。


すでに何度も指摘してきたように、金融大恐慌の本当の理由は、今から30年前の1980年頃、世界中の大金持ち、特権階級による秘密結社(イルミナティ)の集いであるビルダーバーグ会議において、人類の焦眉の課題として、人口爆発を挙げ、2010年に70億人を超えると予想される地球人口を10億人以下に削減すると議決され、それに従って、30年間かけて削減計画が実施されており、その最終的な仕上げプロセスとして大恐慌が計画されたものだ。

イルミナティの中核はロスチャイルドとロックフェラーであり、いずれもユダヤ教タルムードの思想を信奉する超大金持ち、超権力者たちである。

タルムードの本質は、基本的に、人間には「支配する側と支配される側が存在し、両者は交わることがない」というものであり、被支配者はゴイム(家畜)として、支配者(ユダヤ教徒)に奉仕しなければならない、というものだ。

つまり、世界を支配する自分たち特権階級は、我々、一般大衆の命をも弄び、奴隷として使役する権利があると宣言しているのである。

これでイルミナティがどのような性質の秘密結社なのか、一目瞭然で理解できるはずだ。

フリーメーソン・イルミナティには、世界中の王家・権力者・大金持ちが含まれ、わが天皇家や英国王室、サウジ王室なども最高位の構成員だといわれる。

神道の天皇家が、なんでユダヤ教を信奉するのか不思議だろうが、実は神道の原型はユダヤ教なのである。

その証拠にユダヤ教の教典、旧約聖書のなかに、神道の基本骨格がすべて含まれている。
神社の祭りには契約の箱に関する、あらゆる記述がそのままの形で含まれているし、1キュピトというサイズまで丈尺制と同じものだ。

ウソだと思うなら、日本神道の原型を伝える伊勢神宮・諏訪神社・鞍馬・貴船神社などを見てごらんください。

なんで神道のマークがユダヤ教と同じ「ダビデの星」なのか? 自分で調べてみればよいとおもいます。

「契約の箱」(アーク)は失われたユダヤ十支族によって日本に運ばれたとも指摘されているほどだ。

ロスチャイルドは10年前に来日し、淡路島の広い土地を買い占めたと噂されている。
それは、ここに契約の箱が置かれたと伝えられているからだ。
飛鳥昭雄氏によると、アークは、伊勢神宮の内宮の地下に眠っているそうだが・・・。

エリザベス女王も、本当はキリスト教徒ではない。
それは彼女の本家筋であるハプスブルグ家の歴史を見れば分かることだ。

彼らは元々カトリックであり、カトリックこそはユダヤ教によってキリスト教撲滅の陰謀として作り出されたものだからだ。

ザビエルが来日した本当の理由も、キリスト教布教は表向きであって、本当は、失われた十支族と契約の箱を探しての旅だったともいわれる。

カトリックがユダヤ教というのがウソだと思うなら、カトリックの枢機卿の出生を見てみればいい。8割がユダヤなのだ。

そして神学校の牧師生の8割もユダヤ人である。
その理由は、「シオンの議定書」のなかに書かれている。
すなわち、ユダヤ教徒はキリスト教徒の内側に入り込み、医者や牧師となってキリスト教徒を殺害せよとする陰謀が指令されている。

ユダヤ教徒は、キリストとその影響を地上から抹殺するために2000年にわたって、壮大な陰謀を仕掛けていたのだ。
その証拠に、カトリックこそは、人類史上最大の侵略者であり、最大級の虐殺者であった。

それをキリストの名で行うことで、キリストの滅亡を意図したのだ。ちなみに、日本からも戦国時代に、カトリック神父によって数十万人の娘たちが洗脳拉致され、奴隷として外国に売られた。
キリストを信仰した娘たちは、やがて、西欧に奴隷として売り飛ばれ、カトリックは莫大な利益を上げたのだ。

イルミナティの土台はフリーメーソンであり、これはバッキンガム宮殿建設のために集められたユダヤ石工たちの職工組合といわれるが、本当は欧州ハプスブルグ家人脈を中核にした欧州特権階級、友好協会のようなもので、当然、エリザベス女王もイルミナティの主要メンバーになっており、天皇家も最高階級に含まれているという。

噂では、天皇の保有する3000兆円の金塊をロスチャイルドがバッキンガム宮殿の地下で管理し、運用しているといわれる。

そのイルミナティにとって最大の課題は、人口調節であり、自分たちが使役するゴイム(家畜)を必要にして十分な数に抑制するため、大規模な削減を計画したのである。

今、得られている情報によれば、2011年までに5億人に調節するというもので、このために、あらゆる大量死の陰謀が仕掛けられた。

それは戦争であり、疫病であり、饑餓であり、遺伝子劣化であり、不妊化である。もちろん、この大恐慌も、そうした社会不安や大戦争を用意するために意図的に仕掛けられたものだ。
 
何度も伝えたように、AIDS(HIV)はアフリカのネグロイド(黒人)を選択的に殺戮するために開発され放たれた。

すでに死者は一億人を超えている。その後、ラッサ熱やペストも放たれたが、自然の仕組みで淘汰されてしまった。

SARSは中国のモンゴロイドを殺戮するために放たれたが、これも失敗した。
そして鳥インフルエンザをインドネシアに放ったが、これもうまくいってない。

そこで最期の切り札とし新型インフルエンザが登場した。
これは、最初軽毒性にし、そこでワクチンを世界中に頒布する。
その後、ワクチンの効かない強毒鳥インフルエンザ型に変異させ、そこで数十億人を殺戮する計画といわれる。

しかも、このワクチンには不妊化作用が含まれている。
核戦争に関しては、その放射能汚染が特権階級にまで被害を及ぼす恐れがあるため、現在では抑止されているのだという。あとは食料危機だ、カーギルやモンサント社などが、世界中の種子に特許権を設定し、自然界にある種子にすら自分たちの利権を設定し、それを有料で使わせる。

モンサント特許の種子は、自然界に氾濫し、そこで交雑することで種の取れないF1型に変異してゆく。

一般の農場で、昔ながらの自家採種をしている農場に、モンサント種子を上空から散布し、そこで勝手に生えてきた農産物を特許侵害として訴え、莫大な賠償金をせしめて農地を取り上げてしまう。
これがモンサントの有名な常套手段である。

こうした一連の計画を実施するにあたっって、ビルゲイツの果たした役割は大きい。
彼はユダヤ人で、MSDOSやWINDOWSはゲイツの考案でなく、ビルダーバーグ会議の意志によって開発されたものであり、その後の、WINDOWSが一人勝ちして市場を独占し、特許ライセンスによって膨大な利益を上げてきたのも、すべて計画されたものであった。

そのゲイツが、モンサントと共同して、北極に大規模な種子保存施設を作った。このことの意味は大きい。

すなわち、これか数年以内に、世界中の植物が破壊される計画を意味するものだ。生き残るのは、モンサント・ゲイツの種子を所有するイルミナティと、その奴隷だけという仕組みである。

つづく。

インチキだと思っていたのに本当なんだなぁ。
http://365info.biz/top.cgi?sid=suwaryuoh&gid=M


posted by コスモ at 21:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一部転載させてもらってもよろしいでしょうか?
Posted by ron at 2009年11月01日 02:01
遅くなりました。
たくさんの人に知っていただきたい情報がありますので、
使える部分がありましたら、どんどん転載してください。
Posted by コスモ at 2009年11月11日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。