2010年04月29日

ワクチン論争。



ヤフー知恵袋で、ワクチンの是か非かで論争が勃発していましたので、実況いたします。

【質問者】
知恵袋に寄生する、インフルエンザワクチン&タミフル推奨派を許せますか?

科学ジャーナリスト賞2010を受賞した外岡立人氏によると、タミフルを多く使った国と、ほとんど使っていない国とでは、死亡率に差はなかったようです。更に、ワクチンの供給が全く間に合わなかった南半球でも、新型インフルによる死者数は極めて低水準であったことや、日本でもピークが過ぎてからワクチンが出回り、接種者は例年の半数程度であったことからも、抗インフルエンザ薬や、ワクチンの功績、あるいは過剰なまでのインフルエンザ対策が功を奏したとは言い難い状況であると考えられます。

私はウイルス学や免疫学の専門家が書いた本を複数読みましたが、それらには強毒性のインフルが流行る可能性は限りなく低く、流行っても季節性が淘汰されることも既に科学的に解明されており、更にはマスク、手洗い、うがいがインフルの予防に役立たないことや、ワクチンで死亡者数を減らすことができないことも論述されています。

即ち、WHOや厚労省が科学的な判断ができる機関であれば、少なくとも昨年5月の時点で弱毒性であることはわかっていたのだから、莫大な費用をかけて対策を講じる必要はなかったのです(前述のように結果論ではありません)。

厚労省官僚が製薬会社に天下っていたり、薬事審議会が製薬会社から寄付金を得ていたり、WHOと製薬会社の癒着はもはや周知の事実ですが、今回のように過去最弱レベル(超過死亡198人で例年の50分の1以下)のインフルに対し、未だにタミフルやワクチンを奨める輩がいるとすれば、ワクチン利権に群がる連中の一派であることは疑いようもありません。一派でないとすれば、国家権力やマスメディが挙ってパニックを引き起こしたことで、思考停止状態に追いやられ、正常な判断ができなくなった薬剤信者に他なりません。

知恵袋にも、やたらとインフルエンザの脅威を喧伝し、タミフルやワクチンを奨める連中が存在します。打つか打たないか、飲むか飲まないかは個人の自由ではありますが、下手をすればインフル感染よりも致死率の高いワクチンを奨めたり、タミフルのように重症化を防ぐ効果がなく、危険度だけが高い薬を奨めることは、人道に反する行為であると思います。

彼らはいつまで製薬利権を貪る連中に加担し、白痴化した人々を翻弄するのでしょうか?

【参考】
武田邦彦教授による、「新型インフルエンザ騒動の顛末記」
http://www.youtube.com/watch?v=TVE28hslFhU

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/

補足 前橋レポートは、予防接種が流行に及ぼす影響の調査が第一目的ですので、研究者向けにデータを提供する為でもなく、英文雑誌に載せる為でもありません.

しかし調査は大規模なもので、多くの医学論文のように、ごく短期間で偏りのあるサンプルを使って実験するものとは対照的です.

タミフルについては、Clinical Infectious Diseasesの査読をやっている方が論文を書いています.
http://npojip.org/sokuho/published-paperJRS431.pdf


【回答者@】
悪いということが証明されていない(噂や疑惑、想像の域を出ない)のに、許すも許さないもないと思いますが。
悪いと決め付けるのであれば、悪いということを立証する義務があります。

何度もお願いしているのですが、タミフルやワクチンを奨める連中が人道に反する、許せないと主張されるのであれば、インフルエンザワクチンやタミフルが悪い、使ってはいけないという科学的根拠を示していただけないでしょうか?
有名科学雑誌(ネイチャーやサイエンスなど)に出ている論文や、ウイルス学会、感染症学会などで発表されたもので良いです。

ちなみに、反ワクチン団体がよく引用するのが、前橋レポートというものですが、それだったら結構です。これはかなり昔の単なるアンケート調査です。しかもインフルエンザ自体の症状ではなく児童の出席の有無という間接的な影響を見ただけのものです。もはやこれだけは学童のワクチン接種が無効という根拠にすらなりませんし、高齢者に関してはまったく参考になりません。医学雑誌の論文にもなっていないし、医学的な価値が低いので残念ながら世界中のほとんどの医療者には無視されてます。

【回答者A】
ブタインフルワクチン詐欺?は電通テレビマスコミを利用した
日米韓官民癒着ワールドプロジェクト
60年間続いた自民官僚政治で確立したシステムです
単純なオレオレ詐欺でも簡単に釣られてしまう人達がいっぱいいます
国家詐欺レベルだとほとんどの国民はひっかかってしまいます
仁科さんの子宮頸癌ワクチンも遊び人弘樹ウイルス詐欺?だとゆうことに気づいている人はほとんどいません
ちなみに弘樹ウイルスワクチンは一回5万円!
2009年10月16日 子宮頸がん予防ワクチンが承認されました。
新潟県魚沼市の少女達が人体実験の犠牲者になるみたいです
http://www.google.com/search?hl=ja&source=hp&q=%E5%AD%90%E5%AE%AE%E...

日本人はアメリカに原子爆弾の人体実験に使われたことを
すでに忘れています 薬害などもほとんどアメリカなどからの輸入

【個人の感想】

回答者@の方の言い分は、理解できるものではありますが、都合の悪い研究や論文は隠ぺいや抹殺されている現状を考えると、論文で証明しろというには無理がありますよね。

回答者Aの方は私とほぼ同じ考えのようです。
この中で「おれおれ詐欺」を例に出していますが、全くその通りだなぁと思いませんか?

ちなみにうちの子は、ワクチン接種は受けないで大人になりました。
強制ではありませんので、決めるのは自分自身という事になります。

つづく。






posted by コスモ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。