2010年12月05日

国民総背番号制。


国民家畜化を民主党が凄い勢いで実現してきています。
消費税大増税、法人税大減税、武器輸出再開、原発国家推進、国民総背番号制導入、あと残るのは徴兵制復活だけですか?前原さん。

一般国民は特権階級の金儲けのための戦争に駆り出され、命をオモチャのように使い捨てされることになる。

若年層は仕事に就けず、行き場を失って軍隊に入隊するはめになる。
筋書き通りか・・・。
アメリカの若者の悲惨な運命が日本にも上陸まじかではないでしょうか。

背番号がなければモノを売ることも買うこともできない社会がいよいよやってくる。
マイクロチップも徘徊老人には強制的に埋め込まれる事になるでしょう。
それは、やがて私たち一般人にも拡大されてゆくことになります。


参考情報

<国民番号制>導入へ 活用範囲は税・社会保障に

毎日新聞 12月3日(金)10時53分配信

 政府は3日、国民一人一人に番号を割り振る「共通番号制度」に関する実務検討会を開き、番号を導入した際の活用範囲を、税務と社会保障の給付・サービスとする方針を正式に決めた。将来的には、各種申請など行政サービスに広げることも検討する。来年6月に番号制度導入に関する政府の大綱を策定し、秋以降に関連法案を提出。成立してから2年後の利用開始を目指す。

 政府は今年6月、番号制度の導入を前提として、番号の活用範囲を、税務のみに使う▽税務と社会保障分野に活用する▽幅広い行政サービスにも利用する−−の3案を公表。検討を進めてきた。国民に割り振った共通番号を税と社会保障の両方に活用する仕組みは、米国などで導入されている。

 番号制度は、国民の所得を正確に把握でき、公平な税の徴収が徹底できるほか、民主党がマニフェスト(政権公約)で掲げた所得比例年金などの給付にも役立つ。また、将来消費税を増税した際、低所得者の負担感が重くなる「逆進性」の緩和のための新たな給付策を行うことも想定しているとみられる。

 ただ、番号制度をめぐってはプライバシー保護の観点から国民の間に抵抗感も強い。個人情報漏れを防ぐためのシステム整備なども含めて、数千億円のコストがかかるとの試算もある。【桐山友一、植田憲尚】

posted by コスモ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171718492

この記事へのトラックバック

12/3 〜12/4 のtwitter発言まとめログ (国民番号制・普天間問題・1984・スーパー電子監視国家構想・増税・表現規制)
Excerpt: 12/3 〜12/4 のtwitter発言まとめログです。 公式リツイートやRT(リツイート)が多いのは相変わらずと言う事で・・・ 書かれているURLとリンク先が違う場合がありますが、Web魚拓を利..
Weblog: 適当日記 Ver2.1
Tracked: 2011-01-11 03:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。