2011年02月24日

悪の枢軸 前原=岡田体制は成立しない?


日刊現代に誠に嬉しい記事が載っていましたので掲載いたします。

ポスト菅 仰天3人急浮上
【政治・経済】
2011年2月22日 掲載
本命2人が消え…
 菅首相に近い有力議員が、公明党幹部に「総理のクビを替えてもいい」と語ったことで一気に「ポスト菅」の動きが強まっている。
あっと驚く名前まで挙がりはじめた。

「民主党議員は、首相退陣は避けられないとみています。
ただ問題は、ポスト菅の“本命”がいないこと。そのため、ざっと10人の名前が次期首相として取り沙汰されている。
代表選はかつてない大混戦になりそうな雲行きです」(民主党事情通)

 混迷しているのは、有力候補だった岡田克也幹事長(57)と前原誠司外相(48)の2人が、出馬できない可能性が高まっているからだ。

 岡田幹事長は、幹事長としてまったく機能せず、党内から「あいつは政治家じゃない」と烙印(らくいん)を押され、いまや担ごうという議員はほとんどいない。

前原外相も、小沢グループに嫌われて支持が広がらないうえ、後見人の仙谷由人が「いま首相に就いても短命に終わる」と「前原首相」に二の足を踏んでいるらしい。

 必ず手を挙げるとみられているのが、樽床伸二(51)と馬淵澄夫(50)の2人だ。2人とも「小沢グループ」にも「反小沢一派」にも属さない、「中間派」の受け皿になりつつある。樽床は樽床グループ20人を抱え、馬淵も40人前後のシンパと会合を重ねている。

 代表選のキーワードは「分裂回避」だ。
「小沢グループも反小沢一派も、党が分裂することは損だと分かっている。
だから、小沢色や反小沢色の強い議員は避けたい。そこで浮上しているのが3人です。

まず、毒にも薬にもならないベテランの鹿野道彦農相(69)です。
さらに、国民新党の亀井静香代表(74)。
亀井総理の利点は、民主党分裂だけでなく、総選挙も回避できることです。
亀井静香が首相になったら、社民党はもちろん、たちあがれ日本も協力するとみられています。

衆院の3分の2を確保でき、予算関連法案も成立します。亀井総理なら、菅首相は代表を辞任しなくて済む余地も残る。
仰天なのは、渡部恒三(78)まで浮上していることです。
小沢一郎に近い人物を幹事長に就けることを条件に、選挙管理内閣として期間限定で総理にするというプランです。
78歳の渡部恒三なら長くやることはありませんからね」(政界関係者)
 予想外の新総理が誕生するかもしれない。

この記事を読んで筆者は血沸き肉踊り、小躍りしたくなる思いであった。
小沢派16人の「会派離脱」が、思い切り功を奏しているか?

大所帯の小沢派と真っ向から敵対する候補は、今の時点では選出される環境にないということでしょうか。

また、前原自身、国会で世間知らずの自民党議員から「北鮮との癒着」を指摘されて防戦一方。
ネットでは、極左集団「解同出身」と暴露されてしまった。
こうなると、秘密の暴露=政治生命喪失を恐れて出馬しない決断ということでしょうか?

なりふり構わず、前原を総理にしようとルールも世評も無視して暴走してきたユダヤ裏社会ですが、手口が強引過ぎたのかもしれません。
ユダヤ裏社会の思惑が大きく外れるかもしれません。

とにもかくにも、菅、前原、岡田、枝野らが失権する方向にあるのは喜ばしいことです。

NTTフレッツ光





posted by コスモ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。