2011年11月14日

TPPは農業問題ではない。




モンサントは、ロックフェラーの支配する企業であり、ロックフェラー財団は世界の主要な穀物の95%の種子の特許を支配している。

モンサントは、ベトナム戦争で枯葉剤を開発した企業である事を知っているだろうか。
この会社がTPPをつゆばらいにして遺伝子組み換え作物(遺伝子損傷作物)で日本を飲み込もうとしている。

種が一代しか続かず、「自殺種」=「F-1種」という種が売られる。
つまり種自身が種を再生産しないというとんでもない種でしか穀物栽培ができなくなる。
従来の種で自家栽培をしてはいけないという法律が通ってしまった国もある。

毎年種をモンサントから買わないといけなくなる。
その際に一番儲かるのは連携している住友化学であり、そこの社長出身者が財界のトップにいてTPPを推進している。
経団連会長の米倉氏である。

サンモント社については、記事を何遍も書いているが、とりわけ参照して頂きたいのは、下記の「笑う穀物メジャー」http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=213431701
「サンモントとベクテル社」http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=213431701
「サンモント社」http://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=209278594
「緑の革命」がもたらしたものhttp://blog.seesaa.jp/pages/my/blog/article/edit/input?id=121133338

確かにTPPにおいて農業問題は課題が多く存在する。
しかし、これらが実現するには長いじかんがかかる。

TPPが農業問題と思いこんでしまっている人は多いと思う。
そこがメディアの汚いやり方だ。

アメリカ再建を目論んで手っ取り早く日本から金を奪える方法。
それは金融だ。

計算した事は無いが、公的年金として納められる毎月の保険料、健康保険料の総額、この2つだけでもいくらになるのか想像しただけでも頭がくらくらする。

それにもまして狙いはかねてからのゆうちょの350兆円、そしてかんぽの財産だ。

関税を撤廃してもアメリカには売るものがない。
コカコーラ、マック、カーネルサンダースの他には飛行機位。
主力は、AIGとアフラックくらいなもんだな。
それらが日本の財産の全てを飲み尽くそうとしている。

戦争を起こせないアメリカはいま、このTPPにゆだねるほかないというのが現状のようだ。

とにかく早く何とかしなければならない。
・・・金がないんだ!か、金、金くれ!!と言っているんだ。

農業問題だけに目を奪われてはいけない。




つづく。




posted by コスモ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235224714

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。