2012年01月20日

預言。

アセンション


むか〜しむかし、ある村にこんな言い伝えがありました。
「地蔵が赤くなる時、村は洪水で無くなる。逃げよ、とにかくすぐ逃げよ。」

この言い伝えを聞きつけた盗賊の親分は考えました。

「よし、村の連中をみんな追い払って、金品を盗ってやろう」

子分に命じて村中の地蔵を赤く塗ってしまいました。
赤くなった地蔵をみて村の衆は大慌てで逃げ出しました。

「お〜い、たいへんだぁ、地蔵さまが赤くなったどぉ〜〜!洪水が来るどぉ〜〜!!」

陰に潜んでこれを見ていた盗賊たちは、嬉しさで腹を抱えて笑っていました。
誰もいなくなった村の長者さんの屋敷で、盗賊たちは酒盛りを始めました。

その夜の事、ごうごうと滝のような雨が降り始めた。
その滝のような雨は降り続き、3日3晩降り続いてもなお降り続いた。
あまりの雨の勢いに盗賊たちは屋敷から逃げる事も出来ず、屋敷に閉じこもっておった。
そうして、4日目の事。
ついに、ご〜〜〜〜っという凄い音とともに村の一切が流されてしまった。

この話は神様というのは直接自分で物を動かしたりできないため、他の色々な力を利用するという事を教えるために創られた話だと思います。

ここに出てくる盗賊たちがユダヤ金融資本だとしたら、「人工アセンション」の話も解りやすいかもしれない。

つづく。




posted by コスモ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

2012。






いよいよ問題の2012年に突入しました。
やたらと危機をあおり金儲けをたくらむサイトもずいぶんあるようです。
チャネラーとタッグマッチを組んでいる輩もいるようです。
乗せられないように気をつけましょう。
予言なんて当たりませんから。

今年から長い文章を書くのはやめました。
忙しくて時間が取れないし、きちんと書こうと思うとずっと更新ができなくなるからです。

きちんと書けなくても、書く事にします。
たった一行でも書こうと決心致しました。
更新しないよりはましと思うからです。

私はツイッターはしません。
一度は参入しましたが、私には向いていません。

いわゆる「アセンション」は偽装できます。
近代兵器を使えば人工アセンションを演出する事ができます。
騙されてはいけません。

ワンワールド、または、ニュー・ワールド・オーダーは、ブッシュ、オバマ、サルコジなど、公然と言ってのけています。

「世界はひとつ」この美しい言葉に騙されてはいけません。
これはみんなが一つの輪になる事を意味しているのではなく、ほんの一握りの神に選ばれし民が世界を握るという事を言っています。

増えすぎた人口を人工アセンションで激減させ、完璧なまでのピラミッド社会を形成し、ほとんどの民を奴隷、またはそれ以下のゴイムとします。

何十億の人間をいったいどうやって激減させるのか?
簡単なんですよ。
蒸発させるんです。
オウムの平田容疑者が刈谷さんを蒸発させたのと同じです。
それを地球規模で行う訳です。

死体の処理の必要もなく、跡が残る訳でもありません。

これが「アセンション」の正体です。

つづく。



posted by コスモ at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

人間失格。



もう帰らぬ青春の日々。
何より自分が大切だった。
苦しむ友を救う事さえできなかった。

・・・人間失格。

つまづく足先に咲いていた頭を垂れたお人よしの花。
いろんなものに踏まれるためにきっと強く立っていたのでしょう。

人を従わせ支配し、そんなに自分を大きく見せたいのですか。
君の庭に咲く花は寛大ですか。
心のままにいつも咲いていますか。

涙を忘れていませんか。
大事なことから逃げてませんか。
自分に嘘をついてませんか。
あきらめる事に慣れ過ぎていませんか。

泣きたければ泣けばいい。
叫びたければ叫べばいい。
それでいいんだよ。
君でいいんだよ。
すべていいんだよ。
きっといいんだよ。
明日は明日の風が吹く。

信じあうなんてここでは軽々しく聞こえる。
判りあえるなんて言葉は無意味に響いてる。

人はだれも弱き生き物。
見えない幸せ探す旅人。

過去は暗いままでいいんだよ。
君の笑顔が明日にあればいい。
人の過ちを嘲笑い人を責める事が全てですか。

君の空に架けた虹はいとしさですか。
心のままにいつも好きといってますか。

後悔していませんか。
夢を忘れてませんか。
道を外れてませんか。
下を向いてませんか。
家族大切にしてしてますか。

ありがとうと言ってますか。
今誰かを愛してますか。
大切な人涙してませんか。

無駄遣いしてませんか。
贅沢をしていませんか。
もうタバコやめましたか。
楽に生きようとしてませんか。
もう人間やめますか。

人生放棄するのですか。
生きる事は素晴らしいのです。
今君を必要としています。

故郷を覚えてますか。
バイトは続いてますか。
自分の時間ありますか。
泣けるくらい恋をしてますか。




私は絶対に3・11を忘れない。
posted by コスモ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

失われた10年とは何か。





下記の記事を見て、クリントン元大統領が在職中「本当に勝ったのは日本だ。」と述べたことを思い出す人も多いのではないでしょうか。

●日本は落第生ではない、「失われた10年」に学べ
http://ceron.jp/url/www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=44567

2010年8月11日、英紙ガーディアンは日本経済に関するコラムを掲載。
いわゆる「失われた10年」は経済的な失敗ではなく、米国とは異なる発展モデルを選んだ結果だと分析した。
13日付で環球時報が伝えた。以下はその抄訳。

経済学者たちは長年にわたり、日本経済に不当な評価を与えてきた。
考えてみよう。

世界経済が後退する中、米国の失業率は10%に迫っている。
格差と貧困は激化し、4700万人が医療保険に加入しておらず、中産階級の年金は脅かされている。
欧州もまたさまざまな問題を抱えており、急成長を続ける中国もバブルが懸念されている。

では日本はどうだろうか?失業率は5%程度。
格差も他国ほど鮮明ではない。
全国民が医療保険を享受し、今なお世界の主要輸出国としての地位を保っている。
平均寿命は世界トップクラス。
乳児死亡率も低い。
教育水準は高く、犯罪、精神疾患、薬物乱用はいずれも低レベルにとどまっている。
炭素排出量も低水準ときわめてエコ。

あらゆる面で日本は米国より優位に立っているではないか。
なぜ日本が米国やその他苦境に立たされている国の教科書とならないのだろうか。
米国の著名経済学者クルーグマン氏を筆頭に、経済学者たちは日本経済をたたき続けてきた。
「日本シンドローム」という言葉まで作られたほど。

しかし経済とは何のためにあるのか、もう一度考えてみるべきだ。
人々に繁栄と安全を与えるためか、それとも経済学者の理論とモデルに従うためにあるのか。
今の時代に与えられた重要な教訓は2つある。
バブルは必ず崩壊する。
制限のない成長は環境を破壊する。

つまりもはや経済成長ばかりを求める時代ではなく、持続可能な発展を、お金を使わずに多くを成し遂げることを摸索しなければならない。
先進国が異なる成長モデルに切り替えることはたやすいことではない。

しかし日本、そしてドイツはそれを成し遂げた。
米国もまた両国にならうべきであろうし、現在の浪費型経済を改めれば、あるいは現在ほど多くの財政出動と成長計画を必要としなくなるかもしれない。

以上。

「米国とは異なる発展モデルを選んだ結果」ではない。
そう、この結果は決して我々が意図して選んだものではない。

我々はむしろ「ずっと成長し続けたかった」と考えている人がほとんどだろう。
もちろん私自身もそうだった。
いつかもう一度、きっと今度こそ、明日はきっと、来週は、来月は、来年はと思って張っちゃ気になっていた。
でも、いくら努力しても、いくら頑張っても、いくら願っても、望んでいたものには少しも近づけず、おかげでこの頃やっと眼が覚めかけてきた。

もしもあなたが「神」といわれるような存在だとしたならば、あの狂ったようなバブルをどう見ていただろうか。

「おいおい、金崇拝主義もいい加減にしておけよ。」
「だめだなぁ、まだ気がつかんかこのバカどもめが!仕方あるまい・・・」
と言ってちょちょいのちょいと魔法のステックをふったに違いない。

雲の上からユダ金を操り覚醒しようとしたかもしれない。
行くところまで行かなければ気が付かない、たとえ気が付いていても、やめられない。
そんな人間の世界だから、この世界に精神性の高い文化を築き上げるには、ユダ金を使い徹底的に金にまみれさせる必要があったのかもしれない。

そう考えるとユダ金の存在さえ、神仕組みの一つという事になる。
こんな事を書くとどこかの宗教でインチキ教祖様に洗脳されている人は泣いて喜ぶかもしれないが、私は決して宗教など肯定しない。

「神=創造主」や「宇宙の法則」の存在は判るが、宗教は別だ。
宗教とは「神」を商業にしているただの利益追求団体だ。
「神」という存在からはむしろ一番遠い存在となる。

つづく。


posted by コスモ at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

TPPの本質。





何度も言いますがTPPは農業や製造業の問題ではありません。
TPPには24分野あり、21項目に分類されていますが農業も製造業も「市場アクセス」という同じ分野です。

日本の外需(貿易)依存度は実は15%しかないんだよ。
日本の本当の実態は内需型なんだ。
新聞やTVの報道を見る限り、内需と外需がさかさまのような錯覚に陥ってしまうが、もちろんメディアの誘導にほかならない。

TPPは「政府調達」などの公共事業も海外に門戸を開くことになる。
今まで国内の企業に発注していた公共事業も海外がとってしまうという、内需を海外に持っていかれることだ。

アメリカには世界最大の建設会社、悪魔の「ベクテル社」が存在する。

アメリカは輸出を増やすとアメリカ国民をだましていっるが、輸出は増えません。
なぜならばアメリカには売る物がないからです。
コカ・コーラやマック、ケンタッキーのおじさんがいくら頑張っても大した金額にはなりません。

アメリカの考えは金融、保険で効率よく日本から金を吸い上げるつもりなんだな。
日本の健康保険をAIGやアフラックにすりかえ、毎月の保険料をごっそりアメリカにもっていくつもりでいるだろう。

TPP導入で国内の雇用状態が悪くなればGDPは低下し税収も低下するでしょうし当然、一般公務員の給料も減る事になるでしょう。
国費を投じている健康保険や年金なども維持不可能になります。

そもそも税収が38兆円しかないこの国の一般会計で医療費負担が34兆円と事自体が異常な事です。
しかも毎年1兆円つづ増えています。

>>一口に1兆円といいますが、1兆円とはいったいどれくらいのお金なのでしょう。
私の計算によりますと毎日毎日、来る日も来る日も、1日100万円ずつ縄文時代から使い続けて今日まで使えるほどのお金です。
正確に言いますと2740年間100万円づつ毎日使った金額です。
時代は丁度縄文時代と弥生時代とが、かぶった頃になります。<<

AIGはリーマンショックのあおりで破たんしましたが、そのままアメリカ政府が巨額な税金をつぎ込んで維持していますね。
そのつぎ込んだ公的資金の穴を埋めるには日本の健康保険制度を乗っ取ってしまえばいい訳です。
年金制度も同じ事です。
公的年金から個人年金へ変わる流れができるでしょう。

まあ、あまりにも膨らむ医療費を見ていたら、自業自得かなって感じもする。
かえってがん患者は治療(手術、抗がん剤、放射線)できなくなって今よりずっと延命できるようになったりして。
なにせ癌患者の80%は癌が原因で死亡していない。
抗がん剤の副作用で死んでいるという事を忘れないでください。

それに、うかつに病院にかかれない事になれば、もっと健康に気を使うようになるだろうし、生活習慣病なんてどっと減るかもですね。


【TPPを推進している人】
@ アメリカ(オバマ氏はTPPで雇用と輸出を伸ばすと言ってアメリカ国民をだまそうとしている)
→ 選挙のため
A 経済産業省、財務省、外務省
B 経団連
C TPPを推進する政治家

TPPで儲かるのは資本家です。
海外に進出して安い労働力を確保でますから。

そういう利権と絡んでいる政治家がTPPを推進している。

省庁は縦割で、自分の省庁のところのことしか考えていないので全体のことを考えて判断しないといけないのが政治家の仕事のはず。
ところが、今の内閣は官僚の操り人形である事は既に周知に事実。
(国会中継を見ると、官僚が用意したペーパーを読むだけだしな。)

マスコミはスポンサーありきなので、賛成の報道ばかり。

大企業は海外に出て行くだろ。
中小企業は競争の激化で、多くの会社が倒産しる事になるかもしれない。
デフレでモノがあふれているところに安いモノが入ってきたらデフレはさらに進み、国内の企業は窮地に追いやられ海外から安い労働力が入ってくることになる。

ちなみに、日本人は給料の安い国に働きに行くことはないし、失業率の高いアメリカに働きに行くこともない。

1%の富裕層と99%の貧困層のアメリカを見たらアメリカのようなグローバル化をするとどうなるかよく分かりる。

今の少子化の主要な原因の一つが低賃金などの雇用問題の悪さです。
TPPに参加して、低賃金化がさらに進めば、少子化はさらに進むでしょう。
しかも、出産費用も高くなると言われています。

また、競争激化により自殺率も上昇もするでしょう。

TVのバラエティをみれば芸人、ホモ、ハーフ、外人がとても目につきます。
電車に乗れば、本や新聞を読む人はいなくなり、メールかモバゲーに興じている。

すべての行為が日本人から教養をはく奪し、国力を下げ、または日本民族を減らそう、あるいは「違う種」の血を混ぜ日本民族そのものを無くしてしまおうという政策のようにも見れる。

日本は敗戦国である事を忘れてはいけない。

『菅沼光弘 石原慎太郎 東京の窓から』
http://www.youtube.com/watch?v=8eZ4Ym7cEQQ





posted by コスモ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。